工場・製造業辞めたい

工場勤務がしんどくて辞めたい。でもこんな理由で辞めていいの?辞めてどうすればいいの?

と悩んでいませんか?

今回は、製造業・工場で働く男女379人に「辞めたいと思う理由」についてアンケート調査を実施。

それぞれの「辞めたい理由」への対処法を解説していきます。

また、製造業・工場勤務が「向いている人」「向いていない人」の特徴についても解説していますので、あなたがどちらに当てはまるのかチェックしてみて下さい。

本記事を読むことで、今よりも快適に働けるようになったり、転職する決心がついたりと、何らかの解決法が見つかれば幸いです。

Check
【今すぐ工場を辞めて他の仕事を見つけるならココ!】

接客・販売から配送ドライバー、物流倉庫の軽作業まで、色々なバイトが見つかります。

製造業・工場勤務を辞めたい理由と対処法

工場勤務を辞めたい理由

製造業・工場で働く379人に「なぜ辞めたいと思うのか」を聞いたところ、最も多かった理由は「仕事が単調だから」でした。

その他にも、人間関係、体力、作業環境や残業など、さまざまな理由が寄せられています。

ではまず、アンケート調査の結果をもとに、「工場勤務を辞めたい理由」と「辞めたくなったときの対処法」について解説していきます。

1.仕事が単調で辞めたくなる

単純作業中の女性イメージ

回答者の声
  • 単純作業過ぎて自分自身に価値が見いだせない(30代 女性)
  • プレス作業をしているが、鋼材に穴を空けるだけなので1日中同じ事の繰り返しでやりがいを感じない(30代 男性)
  • 昼夜関係なく同じ物を作り続けている時に頭がおかしくなりそうになる(30代 男性)

製造業・工場勤務を辞めたい理由として最も多かったのは、「仕事が単調だから」でした。

工場の仕事は一人ひとりの担当業務が決まっており、それをひたすら繰り返す単純作業です。

作業自体も簡単なため、飽きてしまう人が多いんですね。

また簡単すぎる繰り返し作業では、達成感や充足感、自身の成長などを感じにくい傾向があります。

そのため、「何のために働いているんだろう」「誰の役にたっているんだろう」などと思い、辞めたくなる人も多いようです。

「単調さに飽きる」「やりがいが感じられない」という人向けの対処法を紹介します。
自分の仕事が社会の役に立っていることを認識する

単純作業に対してやりがいを感じられない人は、「あなたの仕事が社会の役に立っている」ということをぜひ認識してください。

工場勤務の人のなかには、「底辺の仕事だから」などと自虐的な発言をする人もいます。

しかし、工場で働く人のおかげで、私たちは「安全な食品を食べること」「便利な生活を送ること」ができます。

作業だけにフォーカスすると「何の役にも立っていない」などと感じるかもしれませんが、工場で働く人がいなければ私たちの生活は成り立ちません。

製造業は社会への貢献度がとても高い仕事であることをぜひ自覚してください。

単純作業が合わないならすぐに転職しよう

製造業は社会になくてはならない仕事です。

とはいえ、単純作業自体がどうしても性に合わないなら、転職をおすすめします。

仕事には向き不向きがあり、合わない仕事はどう頑張っても好きになることはできません。

苦手な仕事を続けても、毎日が苦痛なだけ。

単純作業以外のあなたが楽しいと思える仕事を探しましょう。

何をすればいいかわからない方は、簡単だけど飽きないと人気の「ピッキング」ひとり時間の多い「ドライバー」、未経験歓迎の求人が多い「介護職」などはいかがでしょう。

マッハバイトで、短期でできるバイトを色々試してみるのもおすすめですよ。

工場以外のお仕事が見つかる求人サイト
【派遣】働くナビ!

簡単で体も動かせる倉庫内作業が豊富。人気のピッキングも!
【公式】https://hatarakunavi.net/

【パート・バイト】マッハバイト

長距離ドライバーからルート配送まで多種多様なドライバー求人あり。
【公式】https://j-sen.jp/

【派遣】かいご畑

「資格なしOK」「未経験歓迎」の介護求人がたくさん。
【公式】https://kaigobatake.jp/

【派遣】テンプスタッフ

事務やデータ入力など、製造業以外の仕事も探せる。
【公式】https://tempstaff.co.jp/

2.人間関係が悪くて辞めたくなる

職場の人間関係が悪いイメージ

回答者の声
  • 人数が多いため、人間関係のイザコザがちょくちょくある(30代 女性)
  • とにかく偏屈な人が多い印象(20代 男性)
  • 働いている社員同士・パートさん同士の仲が悪すぎる(30代 女性)

「工場は人関関係がよくない」という口コミをあなたもよく耳にするかもしれません。

人間関係が良くない理由を「低学歴の人ばかりだから」「他の会社では働けないコミュ障が多いから」などと決めつける人もいます。

しかし、工場だから嫌な人が集まっているわけでもないですし、人間関係の問題は工場に限らずどこでもあります。

ただ工場の場合、

  • 働くエリア(行動範囲)が限られているため、従業員同士が長時間同じ場所にいる
  • 他部署や外部との関わりがないため、人間関係が限定される

といった理由から、職場内の人を過度に気にしてしまう傾向はあるでしょう。

また、管理者が近くにいない現場だと、トラブルを起こす人が放置されてしまうこともあります。

スルースキルを身につけてストレスを減らそう

人間関係の問題はどこの職場にもあります。

自分に直接被害がないなら、ネガティブな情報や他人の言動をうまく受け流す「スルースキル」を身につけると気持ちがラクになりますよ。

ただし、上司からのハラスメントがある場合は話が別です。

工場求人はいくらでもあるので、パワハラ上司に耐えてまで、同じ職場で働き続ける必要は全くありません。

今すぐ他の工場に転職しましょう。

3.体力的にきつくて辞めたくなる

体力的にきついイメージ

回答者の声
  • 体調が悪い時に立ちっぱなしの作業はとてもキツイ。一日中立ち仕事なので、少しでも体調が悪いと支障が出る(20代 女性)
  • 立ちながらの作業が多く、重い物の運搬もあり肉体的な負担が大きい(20代 男性)
  • ライン作業では同じ動作の繰り返しで、肩や腰を集中的に痛める(30代 女性)

工場作業の多くは肉体労働ですから、身体的負担は大きいです。

とくに、

  • 長時間の立ち仕事
  • 重い部品を持ち上げたり運んだりする
  • 同じ動きを繰り返す

などがつらいとの口コミが寄せられています。

「腰を痛めた」「年齢を経るにつれ体力がもたなくなってきた」という人も。

女性の場合、生理中は体調不良になりがちなので、余計に立ち仕事や力仕事はつらいようです。

体力的なきつさを感じたら、「あまり体力を必要としない工場に転職する」という方法もあります。
小さな部品・商品を扱う工場を選ぶ

力仕事がつらい人は、小さな部品や商品を扱う工場を選びましょう。

例えば「ラインで流れてきた加工品に電動ドライバーで部品をつける」といった仕事なら、重いものを扱わないため体力は不要です。

部品を取り付ける仕事は、「組付け」という名称で求人募集されています。

※「組立て」は車の座席や冷蔵庫のドアなど、大型部品を取り付ける仕事なので、力仕事が苦手な人には向きません。

また食品工場であれば、パンにハムを挟む、ケーキにいちごを乗せるといった「トッピング」の仕事も体力を使わないためおすすめですよ。

座り仕事を選ぶ

体力に自信のない人は、座ってできる仕事を選びましょう。

工場求人は立ち仕事が多めですが、座り仕事も探せば見つかります。

例えば、シール貼りや金属加工、目視や測定をして不良品の選別をする「検品」などは、座り仕事が多めです。

下記の求人サイトで「座り仕事」と入力して検索してみてください。

体力不要の製造業・工場の求人探しにおすすめ
【派遣】働くナビ!

簡単な検査・検品作業やマシンオペレーターなど軽作業求人が豊富。
【公式】https://hatarakunavi.net/

【バイト】マッハバイト

日払いOKの求人が見つかる。
【公式】https://j-sen.jp/

【派遣・契約社員・正社員・期間工】工場求人ナビ

工場求人特化サイト。「座り仕事」の仕事多数アリ!
【公式】https://www.717450.net/

4.作業環境が悪くて辞めたくなる

作業環境が悪いイメージ

回答者の声
  • 寒さと比べると暑さはどうにも辛い。工場は危険な機械もたくさんある中で意識がぼーっとしてしまい危険を感じることが多々ある(30代 女性)
  • 冷凍食品を製造している工場なので、温度が低めに設定されているためとても寒い(20代 女性)
  • 工場にもよると思うが冷暖房設備がない現場は、夏の暑さと機械の熱と長袖とマスクとで、熱中症の危険と常に隣り合わせ(40代 男性)

「暑すぎる」「寒すぎる」など、工場内の作業環境が悪いために辞めたくなる人も多いです。

工場は、オフィスワークのような快適な環境ではないケースがほとんど。

扱う商品に適した室温に設定していたり、工場内が広すぎて冷暖房の効きがよくなかったりするためです。

たとえば、冷蔵食品の加工工場は、食中毒や品質低下を防ぐために工場内の気温が低く設定されています。

自動車工場では、製造機械の稼働熱が発生するために、エアコンでの冷却が追いつかないことも。

また、大きな機械が動いている工場では騒音が、塗料を扱う工場ではニオイの問題もあります。

自分にとって苦手な環境で毎日働くことはストレスですし、体調不良の原因にもなってしまいますよね。

工場の作業環境は変えられないため、「順応する」または「転職する」しかありません。製造業で長く働くなら、快適な工場に転職することをおすすめします。
作業環境は求人情報である程度わかる

求人情報に書かれた「仕事内容」をしっかりチェックすれば、苦手な環境の工場を避けることが可能です。

たとえば、生肉・鮮魚・スイーツなどの加工工場は、鮮度の低下や腐敗を防ぐために室内は20度に満たないケースがほとんど。

冷え性の人や寒さが苦手な人は避けたほうがいいでしょう。

自動車工場のように面積が広く、機械の稼働熱が発生するような工場は、空調が追いつかないため夏はものすごく暑くなる傾向が。

また、製菓やパン工場などのオーブンを使う工程も高温の環境になります。

暑さや寒さを避けたい人は、求人を探す際に「何を作る工場か」「どんな工程を担当するのか」を必ず確認しましょう。

半導体工場は快適な環境で働ける

快適な作業環境を求めるなら、「クリーンルーム」のある半導体の製造工場がおすすめです。

クリーンルームとは、空気中のゴミや細菌の数、温度、湿度、室内の圧力などを管理した部屋のこと。

作業する人の汗が製品につくのを防止するために、室内が快適な温度・湿度に保たれているケースも多いです。

機械の油汚れがついたり、怪我の恐れがある大きな機械を扱ったりすることもないため、安全で快適な工場で働きたい人におすすめですよ。

半導体工場の仕事が見つかる求人サイト
【派遣】働くナビ!

大手企業の半導体製造工場で働ける。
【公式】https://hatarakunavi.net/

【パート・派遣・社員】工場ワークス

日払い可・週払い可の派遣求人が豊富。
【公式】https://04510.jp/

【期間工・契約社員・派遣・正社員】工場求人ナビ

TVCM公開中!工場求人特化サイト。
【公式】https://www.717450.net/

5.残業・休日出勤が多くて辞めたくなる

残業がつらいイメージ

回答者の声
  • 短納期の仕事が多い時、強制的に残業になる(30代 男性)
  • 工場の機械にトラブルがあり作業ができなくなり、その後復旧してリカバリーとして休日出勤が必要になったとき(30代 女性)
  • 生産調整ミスなどで残業や休出になるとき(40代 男性)

工場は残業や休日出勤が多くなりがち。

製造は、営業や設計などの過程を経て一番最後にくる工程なので、シワ寄せが来て納期の短い仕事が入りやすいためです。

  • 急ぎの発注がくる
  • 需要が増加したことにより生産数が増える
  • 機械の故障によって予定通り作業が進まない

などにより、急な残業や休日出勤になるケースも多いようです。

製造業は全体的に「残業」や「休日出勤」が多いです。ただ、残業少なめの求人を見極める方法はあります。今の職場の残業や休日出勤が多くて悩んでいる人は、以下の方法で求人を探してみてください。
女性従業員の多い工場を選ぶ

たとえば食品工場のような女性従業員の多い工場は、残業が少なめな傾向にあります。

家事や子育てをしながら働いている女性の場合、何時間も残業をすることは事実上不可能です。

そのため、女性が辞めずに働いている工場であれば、残業は少ないと推測できます。

下記のサイトで「女性スタッフ多数」「主婦大歓迎」などと書かれた職場を狙いましょう。

女性向け工場求人が多いサイト
【派遣】働くナビ!

「即日勤務可」の求人多数。簡単な軽作業求人が見つかる。
【公式】hatarakunavi.net/

【パート・バイト】マッハバイト

全国どこでも仕事が見つかる。
【公式】https://j-sen.jp/

【派遣・契約社員】工場求人ナビ

工場求人特化サイト。「女性活躍中」の仕事多数アリ!
【公式】https://www.717450.net/

残業時間が明記された求人を選ぶ

「残業は月10時間程度」など、許容できる残業時間が明記された求人を選びましょう。

残業について全く触れていない求人の場合、残業が当たり前のようにある可能性が高いからです。

求人サイトで探す際は、まずは「残業少なめ」で検索をかけ、ヒットした求人の残業時間をチェックしましょう。

3交代制の工場を選ぶ

3交代制で24時間稼働している工場は、残業が少ない傾向にあります。

仕事が残っていたとしても、所定時間になれば次の時間帯に勤務する人がくるからです。

一方、日勤のみの工場は、残業が多い可能性もあるので注意しましょう。

6.ミスをすると辞めたくなる

仕事でミスしたイメージ

回答者の声
  • ポカミスで大量不具合をだした時(20代 男性)
  • 出荷してからミスに気がつきが上司に報告するとき(30代 男性)
  • 不良品を出してしまったり、設備を故障させてしまったりした時(40代 男性)

「食品を床に落とした」「調味料の種類を間違えて投入した」「機械の取り扱いを間違えて壊してしまった」…など、ミスをした経験がある人も多いようです。

他人事であれば、「ミスは誰にでもあるよ」「あ~やっちゃったね」などと悠長なことを言えます。

しかし実際に自分の不注意で迷惑をかけたり、後からミスに気づいたりすると、絶望的な気持ちになってしまいますよね。

ミスをしてしまった際の対処法を紹介します。
ミスは気づいた時点ですぐに報告する

ミスに気づいたら、とにかく1秒でも早く上司に報告しましょう。

迅速な対処ができれば、被害は最小限に抑えられます。

逆に、一人で何とかしようとして対応が遅れると、状況が悪化したり、リカバリーの手間が増えたりして余計に迷惑をかけることに。

ミスを報告するのには勇気がいります。

しかし早く報告することで、結果的には工場の被害もあなたのミスの度合いも最小限に抑えられますよ。

ミスの隠蔽はやめておこう

ミスをしてしまったとき、「できればバレずにやり過ごしたい」とは、誰もが思うことでしょう。

しかし、ミスの隠蔽はやめておきましょう。

作業途中でミスに気づいたのに報告しなかったりすると、取り返しのつかないことになったり、出荷後にクレームがきたりと、状況が悪化するケースがほとんどだからです。

何より、ミスを隠していると「いつかバレるのでは…」という恐怖心で心が休まらなくなります。

上司に声をかけられるたび、朝礼で「報告がある」と言われるたび、同僚がコソコソと話している姿を見るたびに不安な気持ちになってしまいます。

ミスを隠すことのデメリットは想像以上に大きいですよ。

7.シフト勤務や夜勤がきつくて辞めたくなる

仕事に疲れているイメージ

回答者の声
  • 昼勤、夜勤の2交代時に体の切り替えがうまくいかず、寝不足になってしまう(20代 男性)
  • 交代勤務がきつくてやめたくなる。特に夜勤が歳をとるごとにきつくなっている(40代 男性)

シフト勤務の場合、深夜や早朝に働いたり、日勤と夜勤が日によって入れ替わったりするため、生活リズムが崩れてしまう人が多いです。

「夜勤明けに眠れない」「疲れが取れない」といった状態が続くと、体調を崩したり心が不安定になったりする人も。

若い頃は平気だったが、年齢を経るほどにつらく感じるようになったという人も多数いました。

長く続けるなら夜勤のない工場がおすすめ

夜勤(深夜勤務)は基本時給に25%割増されることが法律で定められています。

そのため、短期間で稼ぐことを目的に働くのなら、「夜勤専従」や「夜勤シフトあり」の工場を選ぶのは良い方法です。

ただ、長く工場で働こうと思うなら、夜勤のない職場を選ぶことをおすすめします。

夜勤を含むシフト勤務は、心身への負担が大きいからです。

「日勤のみ」、または深夜勤務がある場合でも日付をまたがない(16時~24時までなど)求人を選びましょう。

辞めたいと思うことがある人のうち転職を考えている人は7割

製造業・工場の仕事を辞めたいと思ったことがある人に「転職したいか」を聞いたところ、転職したいと回答した人が7割を超えました。

工場を辞めて転職したいかのアンケート調査

一方で、「転職はしたくない」という人も3割近くいました。

転職したくない理由を聞くと、「工場の仕事が向いているから」「イヤなこともあるけど工場の仕事が好きだから」という回答が多数。

そこで次の章では、経験者の口コミを元に「製造業・工場勤務が向いている人・向いていない人」の特徴を解説していきます。

製造業・工場勤務が向いていない人の特徴3つ

工場が向いていない人

まずは、製造業・工場勤務が「向いていない人」の特徴です。

現在進行中で工場勤務をしている人が思う「向いていない人」の特徴なので、非常に信ぴょう性があります。

当てはまる項目が多い人は、工場以外の仕事に転職することを検討しましょう。

1.単純作業が苦手な人

単純作業が苦手な人や、変化のある仕事が好きな人に、工場勤務は向いていません。

工場では毎日、「同じ場所」で「同じ作業」を行うからです。

単純作業が性に合わない人は、代わりばえのない毎日に苦痛を感じてしまうでしょう。

実際、工場勤務を辞めたくなる理由を「仕事が単調だから」と答えた人の85%が、「転職を考えている」と回答している点からもおすすめできません。

2.工夫をしながら働きたい人

自分なりに工夫をしながら働きたい人には、工場作業は向いていません。

工場では、作業工程やマシンの使用方法、材料の分量などが細かく決まっており、マニュアルから外れることは許されないからです。

ルールやマニュアルは、商品にばらつきが出たり、不良品が出たり、ミスを誘発したりすることを防ぐために不可欠なものです。

事務職や営業職であれば、「仕事を効率化できる方法を考えて進める」「顧客に合わせてアプローチの仕方を変える」といったことができますが、工場では、『自分なりの工夫』はNGです。

色々な工夫や経験をしたい方は、他の仕事を考えてみてはいかがでしょうか。

3.大雑把な性格の人

工場で規格通りの商品を作るためには、マニュアルに沿った丁寧な仕事をする必要があります。

雑な仕事は、不良品を出す原因になってしまいます。

また、工場には使い方を誤ると事故につながるような機械もありますから、大雑把な性格の人にはあまり向いていません。

細かいことを考えずにできる仕事を知りたい方は、「大雑把な人が苦手な仕事への対処法と向いてる仕事8選【504人アンケート調査】」の記事も参考にしてみてください。

その他:工場勤務が向いていない人

上記以外の「工場勤務が向いていない人の特徴」として寄せられた意見を紹介します。

  • 三半規管が弱い人:ライン作業の場合、次々と流れてくる製品やターンテーブルに酔ってしまう人もいます。
  • 視力が悪いのにメガネをしない人:検品や細かい部品を扱う作業は、きちんと見えていないと不良品を出してしまいます。
  • おしゃべりが好きな人:私語禁止の工場ばかりではありませんが、基本的にはもくもくと一人で作業をこなす仕事です。

工場勤務が向いていない人の特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ネガティブな内容も多く含まれていたと思いますが、続けて紹介する『工場勤務が向いている人の特徴』も確認後、総合的に判断してみることをおすすめします。

製造業・工場勤務が向いている人の特徴4つ

工場が向いている人

続いて、製造業・工場勤務が「向いている人」の特徴を紹介します。

下記に当てはまる人は、工場勤務の適性があります。

今の職場がきつくて辞めたいと考えている人も、ぜひ色々な求人を見て、自分に合った工場を探してみてください。

1.もくもく作業が好きな人

単純作業、変化がない、などと言われる工場のお仕事ですが、「もくもく作業が好き」という人であれば全く問題ありません。

接客や電話応対などによって作業が中断させられることもないので、自分の仕事に集中して取り組めます。

与えられた仕事をコツコツこなすことが得意な人にはピッタリの仕事です。

2.ものづくりが好きな人

ものづくりが好きな人にとって、製造工程に関われるのは楽しいものです。

自分の作ったものがカタチになり、商品になるという醍醐味は、事務職や接客業、営業職などでは味わうことができません。

ひとことで「ものづくり」と言っても、自動車から食品まで様々な種類の工場があります。

自分が作りたいと思える仕事を探すために色々な求人情報をチェックしていきましょう。

3.パソコン作業が苦手な人

今やパソコンスキルが求められるのは事務職だけではありません。

接客業や販売業でも、商品管理や売上管理はパソコンで行いますし、介護職でも日報作成はパソコンで行うことが多いです。

求人票に「エクセルを使える方」「パソコンが使える方」といった記載がなくても、当たり前のように基本的なパソコンスキルは求められています。

一方、工場の場合、シフトを組むリーダーでもない限りはパソコンを使うことはありません。

パソコン作業が苦手な人にも、工場勤務は向いていますよ。

4.対人の仕事を避けたい人

会社に属している以上、人間関係を完全に避けることはできません。

ただ工場の場合、仕事の対象は「物」なので、接客業や営業などと比べて人と積極的に関わる機会は少なめです。

事務職のように電話応対や来客対応をすることもありません。

対人関係が職場内の限られた人に限定されるため、人付き合いが苦手な人にとっては働きやすいと言えるでしょう。

まとめ

工場勤務を辞めたい人には2パターンあります。

1つ目は「工場の仕事自体が向いていない人」、2つ目は「今の工場が合わない人」です。

「単純作業が苦痛」「もっと人と関わる仕事がしたい」など、工場の仕事自体が向いていない人は、無理せず工場以外の仕事に転職しましょう。

一方で、「今の工場はイヤだけど、工場の仕事自体は嫌いでない」という人は、

  • 夜勤のない工場にする
  • 座り仕事の工場を選ぶ
  • 力仕事→軽作業に変える

など、現状の不満を解決できる工場に転職しましょう。

一口に工場と言っても、扱う製品も作業環境も雇用形態もさまざまです。

ぜひ、あなたが快適に働ける工場を見つけてくださいね。

当記事の監修者

株式会社ビズヒッツ伊藤陽介

株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介
株式会社ビズヒッツの代表として、「ビズヒッツの仕事・転職・求人情報サイト」と、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits」の運営責任者。メディア運営の中で得た知見を元に業務効率化やリモートワークマネジメントのコンサルティングなども行っている。プロフィールの詳細はこちら