あなたは副業に興味がありますか?

「興味はあるけど、まとまった時間がとれない」という人もいるかもしれませんね。

しかし現在では、隙間時間でできる副業も増えています。

そこで今回は本業の隙間時間に副業した経験がある500人にアンケートを実施。

「隙間時間にできるおすすめの副業」「副業を見つけた方法」を聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:本業の隙間時間に副業した経験がある人
  • 調査期間:2022年6月17日~27日
  • 調査機関:自社調査
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 有効回答数:500人(女性282人/男性218人)
  • 回答者の年代:10代0.8%/20代 25.4%/30代 38.2%/40代 22.6%/50代 11.2%/60代 1.8%

副業を始めた理由1位は「自由に使えるお金を増やしたい」

本業のスキマ時間に副業した経験がある500名に「副業を始めた理由」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

副業始めた理由

1位になったのは「自由に使えるお金を増やしたい(168人)」です。

2位「生活費のため(136人)」、3位「隙間時間を活用したい(76人)」と続きます。

以降、4位「貯蓄に回したい(70人)」、5位「スキルアップのため(21人)」、6位「投資に回したい(18人)」、7位「複数の収入源をもちたい(15人)」の結果となりました。

圧倒的に「お金」が理由で副業を始めた人が多くなっています。

「収入減で生活が厳しい」「もう少し贅沢したい」など事情はさまざまですが、収入を増やすために副業を始める人が多数。

「スキルアップのため」「本業で活用できていないスキルを活かすため」「興味があることに挑戦するため」など、お金以外の理由を挙げた人は少数派です。

では具体的な回答を紹介します。

1位 自由に使えるお金を増やしたい

  • 自由に使えるお金を増やし、ほしいものを買いたかったから(20代 男性)
  • 登山やランニングイベントに遠征する機会が多く、趣味に使うお金がほしかったから(30代 女性)
  • 本業の稼ぎだけでは遊ぶためのお金が足りないので、すこしでも足しにするために副業をしています(40代 男性)

1位は「自由に使えるお金を増やしたい」です。

「欲しいものを買うため」「旅行のため」など、普段の生活で少し贅沢するためのお金が欲しいという回答が目立ちました。

「本業の収入が生活費に消えてしまい、趣味に使えるお金がない」と感じている人が多いのかもしれません。

副業すれば、手っ取り早く「自由に使えるお金」を増やせますね。

2位 生活費のため

  • 本職だけでは満足いく生活ができないため。生活のためにお金を増やしたいと考えたから(20代 男性)
  • 子どもの学費を少しでも稼ぎたい(40代 女性)
  • 本業の給与がかなり低くて、生活するのが苦しかったから(50代 女性)

2位は「生活費のため」でした。

もともと本業の収入が少なかったり、転職を機に収入が減ってしまったりして、生活費のために副業を始めたという人が多くいました。

「子どもの進学」「配偶者の退職・休職」など、家庭の状況が変わって生活費が増えたというケースもあるでしょう。

生活を維持するために副業せざるを得ない状態になった人もいるとわかります。

3位 隙間時間を活用したい

  • ダラダラしている時間がもったいないと思ったから(20代 女性)
  • 電車移動が暇で、暇つぶしを探していたから(30代 男性)
  • 何もしていない時間が嫌なので、時間を有効活用するため(40代 女性)

3位は「隙間時間を活用したい」です。

「ボーッとしている時間が無駄だな」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

「電車に乗っている時間」「仕事の待ち時間」でお金やポイントを稼げたら嬉しいですよね。

スマホだけでできる副業も増え、副業による隙間時間の活用はより身近になっています。

4位 貯蓄に回したい

  • 結婚式の費用を貯めたいので(20代 女性)
  • 老後の資金が不安であり、2000万円貯めたいから(30代 男性)
  • 勤務先の景気が悪かったので、「いざという時のために少しでも貯金をしておきたい」と思って副業を始めました(40代 男性)

4位は「貯蓄に回したい」です。

「本業の収入が生活費に消えてしまい、貯蓄に回すお金が十分にない」という人が多いのだと推測できます。

「子どもの教育費を貯めたい」「結婚式の資金」と答えた人もいましたが、とくに多かった理由は「老後のために貯金しておきたいから」でした。

5位 スキルアップのため

  • 副業によって、さまざまなスキル・知識を学べるからです(20代 男性)
  • ライティングのスキルを高めたいから(30代 女性)
  • スキルや市場価値を高めたいから(40代 男性)

「スキルアップのため」が5位です。

副業によりスキルアップしたいと考えている人も多いことがわかります。

副業と本業が別ジャンルであれば、新しい仕事のスキルが身につきますね。

また副業と本業が同ジャンルであっても、「本業とは仕事の進め方が違う」「本業とは違うソフトを使う」など、新たな発見やノウハウの獲得があるでしょう。

副業で得たスキルを本業に活かせるケースもあるかもしれません。

また「副業で経験を積み、独立したい」という人もいました。

6位 投資に回したい

  • 投資に興味があるので、投資に使えるお金が欲しかった(20代 男性)
  • 毎月の給与以外の収入から、つみたてNISAの原資を作りたいと思った(30代 男性)
  • 投資資金を早く作りたかったから(50代 女性)

6位は「投資に回したい」でした。

「低金利で貯金していてもお金は増えないから、投資して効率的にお金を増やしたい」と考える人もいます。

しかし本業の収入を投資に回す余裕がない場合は、副業などで投資資金をつくる必要がありますね。

副業によって手に入れたお金であれば、投資に回す心理的なハードルも下がりそうです。

7位 複数の収入源をもちたい

  • 収入源を複数持ちたいから(20代 男性)
  • 給料以外に稼ぐ術を持っておきたいから(30代 女性)
  • 体力的に本業ができなくなったときに、本業に置き換えられる仕事が必要だと感じたからです(60代 男性)

7位は「複数の収入源をもちたい」です。

複数の収入源をもつと、リスク分散になります。

例えば「本業の会社員としての収入」「副業ライターとしての収入」「資産運用による収入」などですね。

不況で本業の収入が減った場合でも、副業していれば収入減による影響を緩和できます。

また体調面の問題などで「いつまで本業ができるかわからない」と考え、将来的に本業に置き換えられる副業を始めた人もいました。

隙間時間にできるおすすめの副業ランキング

本業のスキマ時間に副業した経験がある500名に「隙間時間でできるおすすめの副業」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

スキマ時間ににおすすめの副業

1位になったのは「ポイ活・アンケート回答(172人)」です。

2位「クラウドソーシング(73人)」、3位「ライティング(67人)」と続きます。

以降、4位「フリマアプリへの出品(28人)」、5位「データ入力(21人)」、6位「単発バイト(20人)」、同率7位「せどり・転売(18人)」「投資(18人)」の結果となりました。

「パソコンだけ」「スマホだけ」でできる副業が多くランクインしています。

パソコンやスマホひとつでできる副業であれば、在宅でも移動中でも手軽にできるからでしょう。

一方「単発バイト」「接客」など、家の外でお店などに雇用されて働く副業を挙げた人は少なくなりました。

外で副業をしていると、「会社の同僚に見られる」などのリスクがあるからかもしれません。

副業OKの会社でも「副業しているところを見られると気まずい」と考える人は多いからですね。

では具体的な回答を紹介します。

1位 ポイ活・アンケート回答

  • アプリを利用したポイ活。時間と場所にとらわれずに稼げる(20代 女性)
  • アンケート回答やポイ活。電車の通勤時間などにコツコツできて、意外と貯められます(30代 女性)
  • 隙間時間にできてスキルも必要ないからです(50代 男性)

1位は「ポイ活・アンケート回答」です。

ゲームやアンケートでポイントを貯める場合、1件あたりの単価は低くなりますが、少しずつでも確実にポイントを貯められます。

またポイ活サイトを通じてクレジットカードを申し込んだり、有料会員サービスに登録したりすれば、多くのポイントを稼げます。

歩数に応じてポイントが貯まるアプリもあり、健康維持を兼ねてポイ活している人もいますね。

「元手がいらない」「スキルが必要ない」という声も複数あり、誰でも気軽にできるのが人気の理由だとわかります。

2位 クラウドソーシング

  • たくさんのお仕事があり、自分の特技を活かして稼げるから(20代 男性)
  • 細かい仕事から大きな仕事まで手元でできる(40代 男性)
  • 24時間いつでもどこでも、さまざまな仕事の中から自分の好みで自由に仕事を選択できる(50代 女性)

2位は「クラウドソーシング」。

クラウドソーシングでは「アンケート回答」「データ入力」「ライティング」「プログラミング」など、さまざまな副業案件が募集されています。

サクッと作業したいなら短時間でできる「タスク」が便利ですし、スキルを生かしてしっかり稼ぎたいなら「ライティング」「プログラミング」などの案件に応募もできます。

さまざまな副業スタイルに対応できるのがクラウドソーシングの特徴と言えるでしょう。

またポイ活・アンケートサイトとは違って、対価がお金で支払われるのも特徴です。

3位 ライティング

  • パソコン1台あればどこでもできるから(20代 女性)
  • 特別な知識がなくても始められるから(30代 男性)
  • 料理やペットなど興味がある分野について、報酬を得ながら突き詰められたからです(40代 女性)

3位は「ライティング」です。

「いつでもどこでもできる」「簡単」といったコメントが寄せられています。

「特別な知識がなくてもリサーチ能力があればOK」という案件も多いので、始めやすいのもメリットですね。

一方で特定の分野の実務経験や知識があれば、高報酬の記事作成案件が狙えるのも、ライティングの魅力です。

「興味がある分野の勉強になる」など、スキルアップにつながるという意見も複数ありました。

4位 フリマアプリへの出品

  • 特別なスキルは何も要らず、ただ家にある不要品を売るだけで利益になるからです(20代 女性)
  • 一度出品してしまえばあとは売れるのを待ってるだけで良いから、普段仕事しながらでも手間がかからない(30代 女性)
  • 断捨離もかねて部屋も心もすっきり。思いがけない金額で売れることもあるので楽しい(50代 男性)

4位は「フリマアプリへの出品」です。

不要品をフリマアプリに出品すれば、使わないものが処分でき、買った相手にも喜んでもらえます。

写真を撮り値段設定して出品してしまえばあとは待つだけなので、手間があまりかからないのもメリットですね。

ただし家の不要品を売るだけだと、継続的に利益を得るのは難しいでしょう。

そのため「フリマアプリや通販サイトへの出品代行」や「フリマアプリでのハンドメイド品販売」を副業にしている人もいます。

5位 データ入力

  • 納期に間に合うのであれば、時間・場所を選ばずに作業が可能です。スマホでもExcelやスプレッドシートを操作できますので、おすすめできます(20代 男性)
  • パソコンがあればすぐに作業ができ、量が少ないものであれば隙間時間にできる(30代 女性)
  • あまりスキルがいらない(40代 男性)

「データ入力」が5位です。

データ入力の仕事は「データセンターやオフィスで勤務するスタイル」と「在宅で仕事を請け負うスタイル」があります。

副業でデータ入力している人は、在宅で作業している人が多いようですね。

「高度なスキルが不要」「隙間時間でも作業しやすい」「時間が自由」などのメリットが寄せられています。

1件あたりの単価は低めに設定されていることが多いものの、「慣れてくれば稼げる」という意見もありました。

6位 単発バイト

  • 日払いがあるから(20代 男性)
  • 試験監督。本業の勤務がない土曜日・日曜日に働けるためです(40代 女性)
  • イベントコンパニオン。仕事のない日に、希望日だけシフトで入れるから(50代 女性)

6位は「単発バイト」でした。

単発バイトなら本業の休みに、空いている日だけ働けます。

長期休みにリゾートバイトなどを入れれば、ガッツリ稼ぐこともできますね。

在宅での仕事ではないものの、日払い可能なケースも多いため、単発バイトを重宝している人も多くなりました。

「単発ワークを探せるアプリ」「派遣会社」で仕事を得ている人が多いようです。

同率7位 せどり・転売

  • スキルがなくていいし結果がすぐに出るから(20代 男性)
  • 自宅でできるのと、家事や育児の隙間時間でできるから(30代 女性)
  • 動画編集やライターは個性やセンスが必要です。しかしせどりは「安く購入して、利益の出る価格で売る」だけなので、やり方さえ勉強すれば再現性が高いです(40代 女性)

同率7位は「せどり・転売」です。

「育児中でもやりやすい」「結果がすぐ出る」といった回答が寄せられています。

スキルが必要な難しい副業だと、稼げるようになるまで時間がかかることもあります。

しかし「せどりであればスキルが必要なく、すぐ稼げる」と実感する人が多いようです。

同率7位 投資

  • 株式投資。お金の動かし方を勉強しながら、世の中の動きを知れるからです(20代 男性)
  • 株式投資。少額から気軽に始められて儲けが大きいからです(40代 男性)
  • FX。土日を除いて毎日24時間為替が動いているので、好きな時間に投資ができるため(50代 女性)

同率7位のもうひとつは「投資」です。

「FX」「株」「投資信託」「不動産」など、さまざまな投資が挙げられました。

元手が必要でリスクもあるものの、「儲けが大きい」「勉強にもなる」といった意見が寄せられています。

ただし「仕事中も値動きが気になってしまう」という人は、短期売買が前提の投資は避けることをおすすめします。

副業は「ネットで調べて見つけた」

本業の隙間時間に副業した経験がある500名に「副業の見つけ方」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

副業を見つけた方法

1位になったのは「ネットで調べた(235人)」です。

2位「友人・知人の紹介(73人)」、3位「クラウドソーシングで探した(49人)」と続きます。

以降、4位「YouTubeを参考に(35人)」、5位「ネット広告で見た(26人)」、6位「SNSで見た(25人)」、7位「求人サイトで探した(21人)」の結果となりました。

具体的なクチコミを紹介します。

  • 「副業アプリ」や「フリーランスとして働く方法」など、家でも働ける方法をインターネットで検索して見つけた(20代 女性)
  • YouTubeで「おすすめの副業」と検索してでてきたものを実践してみました(20代 男性)
  • 友達に教えてもらいました(30代 男性)
  • 地元新聞の求人の折り込みチラシで見つけた(40代 女性)
  • ネットニュースを閲覧していた時の広告(50代 男性)

圧倒的にネット経由で情報を得た人が多くなりました。

また「広告や知り合い経由で偶然副業について知り、興味が湧いた」という人よりは、「何か副業をしたくて自分から調べた」人が多くなっています。

「副業」や「収入アップ」についてネット検索した結果、スマホ広告に副業についてのサイトが表示されるようになり、クラウドソーシングやポイ活サイトにたどり着いた人もいるでしょう。

アンケートからは「副業したい」という意欲を持った人が多いという印象を受けました。

まとめ

本業のスキマ時間に副業した経験がある500人にアンケートを実施したところ、副業を始めた理由は「お金」と答えた人が圧倒的に多くなりました。

「本業の収入だけでは生活が苦しい人」から「ちょっと贅沢したい人」まで事情はさまざまでしたが、いずれにしても本業の収入だけでは「やりたいことすべて」を叶えられないとわかります。

隙間時間におすすめの副業としては、パソコン・スマホだけで始められ、元手もほぼ不要な仕事が多くランクイン。

「手軽さ」「開始時のハードルの低さ」がポイントのようです。

なお今回のアンケートでは「自分から積極的に副業について情報収集した」という人が多く、副業ニーズの高まりが感じられました。

当記事の監修者

株式会社ビズヒッツ伊藤陽介

株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介
株式会社ビズヒッツの代表として、「ビズヒッツの仕事・転職・求人情報サイト」と、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits」の運営責任者。メディア運営の中で得た知見を元に業務効率化やリモートワークマネジメントのコンサルティングなども行っている。プロフィールの詳細はこちら