20代におすすめの転職エージェント9選

「転職活動が初めてで、何をどう進めればいいか分からない」という20代にとって、転職エージェントを活用するのはとても良い方法です。

転職エージェントは、仕事を紹介してくれるだけでなく、

  • あなたが気づいていない「強み」や「適正」を見つけてくれる
  • 「応募書類の添削」や「面接の練習」をしてくれる
  • 応募企業とのやり取りを代行してくれる

など、「転職活動における面倒なこと」「自分一人でするのが難しいこと」をサポートしてくれるからです。

とはいえ、転職エージェントはたくさんあるので、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこで当記事では、20代におすすめの転職エージェントを厳選して9社紹介します。

実際に利用した20代のリアルな口コミも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

20代におすすめの転職エージェント10選

転職エージェントを利用した経験がある20代の125人にアンケート調査をしたところ、ダントツの人気は「リクルートエージェント」でした。

なんと回答者の約2人に1人が利用していました。

20代が選んだおすすめ転職エージェント

次いで「doda」「マイナビエージェント」と続きます。

どの転職エージェントを選べばいいか分からない場合は、まずは人気の3社から選ぶのがおすすめ。

もちろん、人によって転職エージェントや担当者との相性はあります。

でも、多くの20代が「良い」と感じている転職エージェントなら、失敗する可能性は少ないと言えるでしょう。

20代が選んだ転職エージェント
リクルートエージェント

求人数トップクラス!登録必須の鉄板エージェント。
無料で登録

doda

提案の質が高く転職者満足度No.1。
無料で登録

マイナビエージェント

若手向けの親身なサポートが好評。
無料で登録

では上記3社も含めた、20代におすすめの転職エージェントを厳選して9社紹介していきます。

各エージェントを利用した20代のリアルな口コミも紹介していますので、どの転職エージェントに登録すべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

【1.リクルートエージェント】求人数が多い!幅広い業種・職種に対応

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • とにかく求人数が多い
  • 幅広い業種・職種をカバー
  • 転職支援実績No.1

リクルートエージェントは求人数が多く、幅広い業種・職種に対応できる転職エージェントです。

カバーしている業種・職種が幅広くて求人数が多ければ、紹介される求人が増え、希望にあう仕事を見つけやすくなります。

そのため利用している転職希望者も多いですね。

一方で「求人紹介や連絡が多すぎて対応に困った」「アドバイザーとの相性が悪かった」などの意見も。

「アドバイザーの対応が悪い」「合わない」というクチコミは、どの転職エージェントでも見られるものです。

「このアドバイザーのやり方はイヤだな」と思ったら、他のアドバイザーと交代してもらうよう頼んでみましょう。

リクルートエージェントは大手だけにアドバイザーもたくさんいるので、相性のいいアドバイザーが見つかるはずです。

リクルートエージェント利用者の声
29歳 女性
  • 転職活動が孤独に感じない。選考がうまくいかなくても、エージェントさんに声をかけてもらい次に進めた。大手の求人情報も豊富で、給料を維持しながら転職できた。面接前の対策メールを送ってくれるなど、丁寧なフォローを受けられた。
28歳 女性
  • 話をよく聞き、強みを引き出してくれる。職務経歴書を作成する際にアドバイスをくれる。
26歳 女性
  • レジュメの書き方を丁寧に教えてくれました。「この業種ならこういう書き方!」というノウハウを沢山持っているようだったので、安心して相談出来ました。
25歳 男性
  • 多くの求職者を抱えているのか、「対応スピードが少し遅かったかな」という印象を持っている。
26歳 女性
  • キャリアアドバイザーによって対応が大きく異なる点です。最初に担当になったアドバイザーは、意向に沿わない求人であってもとにかくたくさん応募させようとしてきて困りました。
取扱職種 営業、販売、企画、マーケティング、事務、貿易、コンサル、金融専門職、クリエイティブ、SE、エンジニア、建築・土木、医療・医薬・化粧品など
求人数 約530,000件(内非公開求人280,000件)
運営会社 株式会社リクルート
公式サイト https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントで仕事を探す

【2.doda】提案の質が高く転職者満足度No.1

dodaのおすすめポイント
  • 提案の質が高く、転職者満足度がNo.1
  • キャリアドバイザーが業界情報に精通
  • 求人数が多い

dodaは提案の率が高く、転職者満足度No.1を誇る転職エージェントです。

dodaではキャリアアドバイザーが業種・職種別のチームで動くので、知識が豊富です。

また1企業1人の「採用プロジェクト担当」が、質・鮮度の高い情報を提供してくれます。

求人数が業界最大級なので、選択肢が広がるのもメリットです。

選択肢が豊富であるがゆえ「希望ではない求人も紹介された」というクチコミもありましたが、希望に沿わない理由を説明して断れば問題ありません。

doda利用者の声
28歳 男性
  • 担当アドバイザーと話しやすく、自分の考えをきっちり伝えられたので、希望にマッチする求人を提案していただきました。その結果、書類選考の通過率が高くなったと思います。
24歳 男性
  • 他業種に転職する際に、希望業種に詳しい担当をつけてくれました。
29歳 男性
  • スピード感のある対応。退職から入社までの不安な部分をサポートしてもらえたのもよかった。
24歳 女性
  • 一日に送られてくるメールが多かった。dodaからの重要なメールが埋もれて確認できなかったことがあった。
27歳 男性
  • 面接までは行けるが、紹介先の担当者との相性が悪く、内定につながるような出会いがなかった。
取扱業種 営業、金融専門職、マーケティング、広告宣伝、人事、経理、SE、アプリ開発、電気・機会系技術職、製品開発、建設・建築・不動産・工場系技術職、コンサル、クリエイティブ職、販売・サービス、公務員、事務、医療系専門職など
求人数 約150,000件
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト https://doda.jp/

dodaで仕事を探す

【3.マイナビエージェント】若手向けの親身なサポートが魅力

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • キャリアドバイザーのサポート力が高い
  • 「若手」「第二新卒」向けの求人が多い
  • 面接対策や書類添削が丁寧

マイナビエージェントは、若手向けの親身なサポートが魅力の転職エージェントです。

マイナビエージェントは全年代・全職種向けの求人を扱う総合型転職エージェントですが、とくに20~30代の転職支援に強みがあります。

具体的には「面接対策や書類添削が丁寧」「第二新卒でも応募できる求人が多い」など、20代に嬉しい特徴が揃っています。

一方でアドバイザーからの連絡がこまめなので、「連絡が多すぎて困った」という意見もありました。

就業しながらの転職活動であれば「連絡はメールで」「就業時間中は電話しないで」と伝えておきましょう。

マイナビエージェント利用者の声
21歳 女性
  • 初めての転職で何も分からなかったが、応募書類を添削してくれたので書き方を学べた。仕事の選び方も丁寧に教えてくれた。またレスポンスが早かったので、転職から気持ちが離れることなく活動できた。
26歳 女性
  • 年収や社宅手当などの条件を厳しく伝えたつもりだが、定期的に求人を紹介してくれた。
25歳 男性
  • キャリアアドバイザーのサポートが優れていた。また「中小企業を中心とした求人案件」や「第二新卒向けの求人」が豊富だった。
25歳 女性
  • おすすめされた職場を決めかねていた際に、急に期日を決められ、「ここで決めないと後悔しますよ」と言われた。真剣に悩んでいる時には、余計な声をかけないでほしかった。
26歳 女性
  • 電話が頻繁にかかってきた。仕事しながらの転職活動だったので、仕事中の電話は困りました。
取扱業種 SE、医療系専門職、不動産専門職、販売・サービス、機械設計、コンサルタント、士業関連、クリエイティブ、建築設計・土木・プラント、営業、金融専門職、経営、事務など
求人数 約77,000件
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントで仕事を探す

【4.ハタラクティブ】大手企業への転職実績が豊富

ハタラクティブのおすすめポイント
  • 大企業への転職支援実績が多い
  • 内定率が80%以上
  • 丁寧なカウンセリングで転職の軸が見つかる

ハタラクティブは大企業への転職支援実績が豊富なエージェントです。

20代・第二新卒の利用が多い転職エージェントながら、86.5%の人が社員数1,000人以上の企業に就職しています。

企業ごとに書類・面接対策をしてくれるので、内定率も80%と高くなっています。

一方で第二新卒・未経験者向けの求人が多いため「給料の低い求人が多い」というクチコミも。

「大企業への転職支援実績が豊富」とはいえ、キャリアアップを目指す20代には向いていないと言えます。

ハタラクティブ利用者の声
28歳 男性
  • 20代でまだキャリアが少なくて不安でも、未経験に特化した求人がたくさんある。
23歳 女性
  • 入念にヒアリングを行って下さるので、自分に合った希望通りの求人を紹介して頂けました。転職活動が初めてでも、安心して任せる事が出来ます。
27歳 男性
  • ビギナー向けの求人が多い分、ハイキャリアを目指すには向かない。
25歳 女性
  • 正社員未経験ということもあるが、介護職ばかり勧められた。
取扱業種 営業、販売・サービス、事務・アシスタント、不動産・建設、IT・機械、医療・福祉、物流、工場・製造、企画・管理、教育、クリエイティブなど
求人数 約1,100件
運営会社 レバレジーズ株式会社
公式サイト https://hataractive.jp/

ハタラクティブで仕事を探す

【5.type転職エージェント】丁寧なヒアリングとサポートが魅力

type転職エージェントのおすすめポイント
  • 丁寧なヒアリングと充実したサポート
  • IT系・営業職の転職に強い
  • 転職相談会やセミナーが充実

type転職エージェントは「丁寧なヒアリングとサポート」に定評のある転職エージェントです。

「IT」「営業」「事務・管理部門」などの領域別アドバイザーが、キャリアプランから面接対策までサポートしてくれます。

とくに「IT」「営業」に強いほか、女性向けの「type女性の転職Agent」というサービスもあります。

ただ求人は関東エリアに集中していますので、地方求人を探すのが難しいのはデメリット。

そのため首都圏での求人を探している人におすすめの転職エージェントです。

type転職エージェント利用者の声
23歳 女性
  • エンジニア向けの転職活動に特化しているので、キャリアやスキルを生かす事が出来ました。
29歳 女性
  • 仕事量が多く応募できる求人数は多いと思います。スキルが高い方には特におすすめできると思います。
26歳 女性
  • 企業の数は大手エージェントと比べて多くはない。
23歳 女性
  • 対応エリアに偏りがあるので、地方在住の方には難しいかもしれません。
取扱職種 SE(IT・通信・ソフトウエア)、WEBエンジニア・クリエイター、営業、管理・マーケティング、コンサル、金融専門職、医薬・化学・素材・食品、建築・土木・設備、販売・接客、事務・オフィスワーク、クリエイティブ、電気・電子・機械・自動車設計、教育、保育、医療・福祉など
求人数 約25,000件(内非公開求人20,000件)
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
公式サイト https://type.career-agent.jp/

type転職エージェントで仕事を探す

【6.DYM就職】第二新卒・既卒でも安心して利用できる

DYM就職のおすすめポイント
  • 「第二新卒」「既卒」「正社員経験がない若手」に特化
  • 面談・面接対策などのサポートが充実
  • 大手企業・上場企業の求人も探せる

DYM就職は「第二新卒」「既卒」が安心して利用できる転職エージェントです。

DYM就職が扱うのは「研修が充実した求人」や「未経験者歓迎の求人」だからですね。

第二新卒・既卒に特化し、サポートも充実しているので、「正社員経験がないから」などの気兼ねは不要です。

一方で「紹介してもらえる求人に偏りがある」という意見も。

偏りをカバーしたいなら、求人数の多い大手転職エージェントと併用してみましょう。

DYM就職利用者の声
23歳 女性
  • 直接会って転職先を推薦してくれた。企業情報を細かく聞いても、すべて分かりやすく教えてくれた。
23歳 女性
  • さまざまな職種を紹介してくれると思ったけど、接客業の中でもホテルのみを提案してくれるなど、少し偏りがあった。
取扱職種 商品開発、人事・労務・総務、貿易事務、営業、SE、プログラマー、機械・電機・電子機械設計、建築・土木技術者、講師・インストラクター、介護・社会福祉士、財務、販売、教師、保育士、一般事務、広報など
求人数 約40件
運営会社 株式会社DYM
公式サイト https://www.dshu.jp/

DYM就職で仕事を探す

【7.Re就活】20代の転職希望者に寄り添う丁寧なサポートが魅力

Re就活のおすすめポイント
  • 20代の転職希望者に寄り添う丁寧なサポート
  • 大規模な転職イベント開催
  • アプリ求人検索もできる

Re就活は20代の転職希望者に寄り添う丁寧なサポートが魅力の転職エージェントです。

20代の転職に特化しており、20代ならではの「転職の悩み」に精通しているからですね。

適性診断や書類添削などのサポートが充実していて、安心して利用できます。

株式会社学情のエージェント部門なので、学情主催の転職イベントにも参加可能。

ただ拠点が「東京」「名古屋」「大阪」のみなので、それ以外のエリアで対面面談を希望する人は電話・オンライン面談になってしまいます。

「対面でじっくり話したい」という人は、近隣に拠点がある転職エージェントと併用しましょう。

Re就活利用者の声
24歳 男性
  • 自分の状況についてしっかりとヒアリングしてくださり、転職活動の対策をしっかり練ってくれました。
24歳 男性
  • 履歴書を作ってくれたのは嬉しかったのですが、誤字だらけでした。もしかしたらそれが原因で書類選考に落ちたかもしれません。
取扱職種 営業、企画、事務、販売・サービス、医療・福祉・教育、クリエイティブ職、ITエンジニア系、電気・電子・機械系技術職、建築・土木系技術職、運輸・物流など
求人数 約10,000件
運営会社 株式会社学情
公式サイト https://re-katsu.jp/career/

Re就活で仕事を探す

【8.ビズリーチ】ハイクラス転職を目指す20代におすすめ

ビズリーチのおすすめポイント
  • ハイクラス・高収入求人が多数
  • 自分の市場価値が把握できる
  • ヘッドハンターを指名できる

ビズリーチはキャリアアップを狙う20代におすすめの転職サービスです。

ビズリーチには年収1,000万円以上の求人が多いからですね。

ビズリーチ自体は転職エージェントではないのですが、ビズリーチに登録することで提携しているエージェント(ヘッドハンター)からのスカウトが届く仕組みになっています。

スカウトの内容によって、自分の市場価値を把握できるメリットもあります。

ヘッドハンターの指名もできるため、希望業界に精通したプロと転職活動を進められるのもメリット。

ただ登録には審査があり、年収やキャリアが一定の基準をクリアしていないと利用できません。

ビズリーチ利用者の声
28歳 女性
  • 企業担当者から直接スカウトが来る点が良かったです。働きながらの就職活動で使える時間が限られている中、効率的に企業と出会うことができました。
26歳 男性
  • 首都圏に住む方には向いてると思います。他のサイトより上場企業が多くや、担当者もしっかりしてます。
25歳 女性
  • 自分が転職したい業種でどのような人材が求められているのかわかった。
27歳 男性
  • 高年収案件は多いですが、それだけに専門性も必要なビギナーには難しい案件も多いです。それなりに経験がないのなら良い案件はつかめない。
29歳 女性
  • 興味のない会社だった場合でも何度もスカウトが来るのが、イマイチでした。
取扱業種 ITインターネット、メーカー、コンサル、サービス、マスコミ・メディア、金融、建設、商社、不動産、流通・小売など
求人数 約79,000件
運営会社 株式会社ビズリーチ
公式サイト https://www.bizreach.jp

ビズリーチで仕事を探す

【9.ワークポート】IT業界の転職なら登録しておきたい転職エージェント

ワークポートのおすすめポイント
  • IT・Web業界の求人に強い
  • 無料エンジニアスクールを開講
  • スマホで書類作成や担当者とのやりとりが可能

ワークポートはIT・Web業界の転職なら登録しておきたいエージェントです。

ワークポートには「IT・ゲームエンジニア」「クリエイター」などの求人が豊富だからですね。

また無料エンジニアスクール「みんスク」を提供しているので、未経験からITエンジニアになりたい人にもおすすめです。

スマホやアプリで使える転職支援ツールも提供されているので、忙しい人でも利用しやすい転職エージェントだといえるでしょう。

ワークポート利用者の声
25歳 男性
  • 若手を引き入れて伸ばしたいと考える企業からの案件も多くある。対応がスピーディーかつ丁寧で、手抜かりなく就活をサポートしてくれる良さがある。
29歳 男性
  • 書類選考でなかなか合格しなかったのですが、ワークポートさんで添削してもらうと通過率が格段に上がりました。また、ハローワークではなかった求人や向いている仕事を的確に探して貰えたことには感謝しています。面接対策などもしっかりとしていて、本を見るより対面で指摘してもらえるのが自分一人では出来なかったことなので頼りになりました。
29歳 男性
  • 担当と連携が上手く取れず、電話をしないで欲しい時間を伝えたにも関わらず電話を入れてきて困惑した。
取扱職種 ソフト開発、SE、インフラエンジニア、研究・製品開発、ゲーム制作関連、クリエイティブ系、ヘルプデスク・ユーザーサポート、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、事務、マーケティング、販売・サービス、物流、医療系専門職、ものづくりエンジニア、営業、建設・土木・プラント、福祉・保育・介護、教育、公務員など
求人数 約55,000件
運営会社 株式会社ワークポート
公式サイト https://workport.co.jp/

ワークポートで仕事を探す

【タイプ別で選ぶ】20代におすすめの転職エージェント

20代タイプ別転職エージェント

この章では、20代におすすめの転職エージェントを下記4つのタイプ別に紹介していきます。

スキル・経験に自信がない マイナビエージェント
Re就活
転職が初めて リクルートエージェント
doda
20代フリーター ハタラクティブ
DYM就職
ハイクラス転職を目指す ビズリーチ
ワンポイントアドバイス

20代は企業からのニーズが高いため、比較的どの転職エージェントでも求人は豊富です。

ただ、あなたのタイプに合わせた転職エージェントを選んだ方が、よりマッチした求人に出会うことができますよ。

スキルや経験に自信がない20代向けの転職エージェント

「アピールできるようなスキルも経験もない」という20代におすすめなのが、「若年層向け」「20代専門」をかかげている転職エージェントです。

若年層向けの転職エージェントは、即戦力ではなく将来性を期待した「ポテンシャル採用」や、「未経験歓迎」の求人をメインに扱っています。

そのため、第二新卒や既卒、正社員経験の少ない20代でも気後れせずに応募できる求人がたくさん見つかりますよ。

  • 第二新卒:大学卒業後に新卒で入社し、社会人経験が3年未満の人
  • 既卒:学校を卒業したのち就業経験がない人

また、20代向けの転職エージェントは、そもそも20代や若年層をターゲットにしていることから、コンサルタントが若年層の転職支援に精通しています。

スキルや経験に自信がないという方は、まずは「20代専門」の転職エージェントに登録しましょう。

スキル・経験に自信がない20代向け転職エージェント
マイナビエージェント

若手向けの親身なサポートが好評。
【公式】https://mynavi-agent.jp/

Re就活

20代の転職希望者に寄り添う丁寧なサポートが魅力。
【公式】https://re-katsu.jp/career/

転職が初めての20代向け転職エージェント

転職活動が初めての20代には、サポートが充実している大手転職エージェントをおすすめします。

初めての転職活動だと、何をどう進めればいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

なかには、「新卒時の就活に失敗したので、転職もうまくいく自信がない」という人もいるかもしれませんね。

大手転職エージェントは、数多くの転職サポートをしてきたノウハウがあることから、転職者が悩んだり困ったりするポイントを熟知しています。

「職務経歴書の添削」「面接練習」「面接への心構えや受ける企業に合わせたアドバイス」など、20代の転職者が必要とするサポートを丁寧にしてくれますよ。

転職が初めてで不安がある20代は、転職活動のサポートに定評がある大手転職エージェントを選びましょう。

転職が初めての20代向け転職エージェント
リクルートエージェント

業界・職種に特化した専門コンサルタントがサポート。
【公式】https://www.r-agent.com/

doda

提案の質が高く転職者満足度No.1。
【公式】https://doda.jp/

20代フリーター向け転職エージェント

20代で正社員経験がない人は、フリーターやニートの就職支援が得意な転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントと聞くと、「即戦力を必要とされるのでは?」「スキルがないと仕事が見つからないのでは…」と不安を感じる人も多いと思います。

たしかに30代、40代と年齢を経るほどに、スキルがない方の転職は難しくなります。

しかし20代であれば、将来性を期待した「ポテンシャル採用」をする企業も少なくありません。

そして、ハタラクティブDYM就職では、そんな20代フリーター、ニートの方も積極的に受け入れている企業の求人を多数扱っています。

就業経験のない20代の方、経歴に自信のない20代の方は、ぜひ登録してみてください。

20代フリーター向け転職エージェント
ハタラクティブ

「未経験歓迎」の求人が豊富。
【公式】https://hataractive.jp/

DYM就職

第二新卒・既卒でも安心して利用できる。
【公式】https://www.dshu.jp/

ハイクラス転職を目指す20代向け転職エージェント

一般的に20代向けの転職エージェントは、ポテンシャル採用や未経験歓迎の求人が多めです。

一方20代であっても、「売りになるスキルがある人」「しっかりと経験を積んできた人」「マネージメント経験がある人」であれば、ハイクラス向けの転職エージェントを利用するのもアリです。

ハイクラス向けエージェントは、管理職やリーダー的なポジション、専門職やIT技術職などの求人を多く扱っています。

高年収・高ポジションの案件は応募条件も厳しくなりますが、スキルに自信がありキャリアアップを目指す20代の方は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチは「登録後は企業やヘッドハンターのスカウトを待つ」という受け身の転職活動ができるため、

「今の会社に大きな不満はないが、良い条件で声がかかれば転職を検討したい」という方にもおすすめです。

ハイクラス転職を目指す20代向け転職エージェント
ビズリーチ

ハイクラス転職を目指す20代におすすめ。
【公式】https://www.bizreach.jp/

20代が転職エージェントを利用するメリット5つ

20代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントの利用経験がある20代125人に、「なぜ転職エージェントを利用したのか」聞いたところ、最も多かった回答は「サポートがほしかった」でした。

20代に聞いた転職エージェントを利用した理由

ほかにも「スムーズな転職活動のため」「自分で求人を探せなかった」など、自力での転職活動に大変さや難しさを感じ、転職エージェントを利用した人が多いとわかります。

この章では、20代が転職をする際に「転職エージェントを利用するメリット」について解説していきます。

【20代が転職エージェントを利用するメリット】

  1. スムーズな転職活動ができる
  2. たくさんの求人に出会える
  3. 面接のサポートをしてもらえる
  4. さまざまな選択肢を提案してもらえる
  5. 転職活動全般の相談ができる

1.スムーズな転職活動ができる

転職エージェントを利用するメリットは色々ありますが、最も実感できるのは「転職活動がスムーズに進む」ということではないでしょうか。

一人での転職活動では「自己分析」「書類準備」「企業研究」「面接の日程調整」などをすべて自分で行うため、手間と時間がかかります。

在職しながらの転職活動だと「大変すぎる」「時間がとれない」と、諦めそうになってしまう人もいるかもしれませんね。

その点転職エージェントを利用すれば、日程調整を代行してくれ、履歴書や職務経歴書などの応募書類の準備もサポートしてくれます。

忙しい人や転職を急いでいる人ほど、転職エージェントの利用による「転職活動の効率化」が大きなメリットになるでしょう。

2.たくさんの求人に出会える

たくさんの求人に出会えることも、転職エージェントならではの魅力です。

転職エージェントでは、サイトなどに掲載されていない非公開求人も含め、多くの求人案件を保有しているからです。

実際に20代のアンケートでも、「ハローワークや求人サイトにはない仕事がたくさんあった」という回答が複数寄せられています。

また、「大手企業に転職したい」「未経験歓迎の仕事をしたい」「ハイクラス転職をしたい」など、それぞれの希望に合った仕事をピンポイントで探してもらえるのも、転職エージェントならではです。

3.面接のサポートをしてもらえる

面接のサポートをしてもらえることも、20代が転職エージェントを利用する大きなメリットです。

20代の場合、「職歴が浅い」「スキルがない」といった理由から、面接に不安を感じる人も多いことでしょう。

転職エージェントのコンサルタントは、本人が気づいていない適正や強みなどを見つけて、魅力的なアピールができるようサポートしてくれます。

「面接でよく聞かれる質問」なども把握しているため、企業に合わせた具体的な対策を講じることも可能です。

さらに、面接対策セミナーや模擬面接を行っている転職エージェントもありますよ。

4.さまざまな選択肢を提案してもらえる

一人で転職活動をしていると、

  • 自分の今のスキルでできそうな仕事は◯◯
  • この仕事をしたいなら業界は◯◯

など、自分の経験や知識の範囲で仕事探しをするため、選択肢を狭めてしまいがち。

その点転職エージェントのコンサルタントなら、数多くの転職支援をしてきた経験から、多角的な視点で選択肢を提案してくれます。

自分では思いつかないような企業や、キャリアプランを提案してもらえることで可能性や視野を広げることができます。

5.転職活動全般の相談ができる

新卒時の就活の場合、学校の先生に相談にのってもらうことができ、周りには同じ境遇の就活生もたくさんいます。

しかし転職は、相談できる相手が周りにいないため孤独になりがちです。

その点、転職エージェントを利用すれば、さまざまなアドバイスをもらえることはもちろん、転職活動に関するあらゆる悩みの相談にものってもらえます。

一緒に伴走してくれる人がいることで、不安になりがちな転職活動も安心して乗り切ることができるでしょう。

20代が転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントのデメリット

転職エージェントでは、転職活動におけるあらゆるサポートをしてくれるため、転職活動に不安のある20代には基本的に利用をおすすめします。

しかし、転職エージェントならではのデメリットもあるため、利用前に一度チェックしてみてください。

自分のペースで転職活動ができない

転職エージェントを利用することで、きめ細かなサポートしてもらえる反面、自分のペースが乱されることにストレスを感じる人もいます。

登録後は、担当者とさまざまなやり取りを行う必要があるからです。

希望条件の確認やキャリアの棚卸しを行うために面談を行いますし、マッチする求人が見つかったときはメールや電話で連絡がきます。

人によっては、こういったやり取りを煩わしく感じたり、急かされている気分になってしまう人も。

そのため、自分のペースで転職活動をしたい人には、転職エージェントは向きません。

担当者とのやり取りが面倒な場合の対処法

担当者とのやり取りにストレスを感じる人は、ビズリーチのようなスカウト型の転職サービスを利用するのも一つの方法です。

スカウト型の転職サービスなら、登録後は企業やヘッドハンターからのスカウトを待つだけ。

エージェントとこまめなやり取りをする必要がありません。

希望条件に合わない求人を勧められることがある

転職エージェントでは、希望条件と合致しない求人を勧められるケースもあります。

理由としては、「転職エージェントにとって都合のよい求人(利益の高い求人)を勧めている」「コンサルタントのマッチング能力が低い」などが挙げられますが、職務経歴の少ない20代の場合は、

「スキルや経験がないため、希望条件にマッチする求人がない」

というケースもあるようです。

希望条件に合わない求人を勧められたときの対処法

希望しない求人に強引に応募させようとするコンサルタントであれば、担当替えをお願いするか他社に乗り換えましょう。

一方で、スキルや経験不足が理由で希望に合う仕事を紹介してもらえない場合は、「今、転職すべきかどうか」をもう一度しっかり考える必要があります。

「今の職場から抜け出したい」という理由だけの転職は、キャリアダウンや転職後に後悔する可能性が高まるためおすすめしません。

転職エージェントは「複数登録」が鉄則

転職エージェントは一社に絞らず、複数登録するのが鉄則です。

なぜなら、一社だけでは比較対象がないため、登録した転職エージェントが良いのか悪いのか判断できないからです。

転職エージェントはそれぞれ、扱う求人内容も、サポート内容も、当然担当者も違います。

最初から良い転職エージェントや担当者に当たり、スムーズに転職が決まればラッキーですが、いまいちな転職エージェントに当たる可能性もあります。

そんなとき比較対象がないと、「転職エージェントってこんなもの」と思ってしまい、サポートや転職先を妥協したり、転職活動自体が嫌になってしまうことも。

ですから、まずは最低でも2社、できれば3社は登録は登録して実際に使ってみましょう。

そして最終的に、「サポート内容に満足できる」「担当者の対応がいい」「興味のある求人が揃っている」など、「ここ!」と思える転職エージェントに絞りましょう。

20代の転職を成功させる転職エージェントの活用方法3つ

転職エージェントの活用法

自分に合いそうな転職エージェントにいくつか登録したら、あとは転職エージェントをフル活用しましょう。

この章では、20代の転職を成功させるために、転職エージェントをうまく活用する方法を3つ紹介していきます。

1.担当コンサルタントに経歴やスキルを正確に伝える

『転職成功』とは、希望通りもしくは希望以上の転職ができること、ミスマッチのない転職をすることです。

そして、ミスマッチのない転職をするためには、担当コンサルタントにあなたの経歴やスキルを正確に伝えることが大切です。

ミスマッチが起こる原因の一つとして、自身の経歴やスキルを「過大評価」、もしくは「過小評価」して伝えてしまうことにあります。

内定を得るために経歴やスキルを盛ってしまえば、バレた際に企業や転職エージェントからの信頼をなくしたり、入社後に自身がしんどい思いをすることに。

逆にスキルを過小評価して申告すれば、実力に見合った仕事を紹介してもらうことも、選考を通過することもできません。

転職エージェントのコンサルタントは、あなた自身が気づいていないアピールポイントを見つけ出してくれ、一人では思いつかなかないようなキャリアを提案してくれるプロです。

あなたの実力に見合ったミスマッチのない仕事を紹介してもらうために、経歴やスキルは正確に伝えましょう。

2.担当者の連絡にはきちんと返信する

転職エージェントをうまく活用するには、担当コンサルタントからの連絡にきちんと返信することも重要です。

なぜなら、連絡に対して返信や反応がない人は「転職意欲が低い」と判断され、担当者にとっての優先順位が低くなるからです。

転職エージェントのコンサルタントは、1人で何十人もの転職希望者を担当しています。

そのため、転職意欲が低いと感じられる人へのサポートは後回しになってしまいます。

また、連絡をスルーすることは社会人としてのマナーの観点からも、良い印象を持たれません。

もちろん、お仕事をしながら転職活動をしていれば、いつでも電話に出たり即レスしたりすることが難しいのはコンサルタントもわかっています。

ただ、そうであれば「連絡を取りやすい日時」や「取りにくい時間帯や曜日」などを伝えておくのがおすすめです。

転職成功の秘訣は、担当コンサルタントを味方につけ、「この人のために良い仕事を見つけてあげたい」と思われることです。

担当コンサルタントから連絡がきたら、きちんと返信しましょう。

3.担当者が合わないと思ったら変更or転職エージェントを乗り換える

転職エージェントの良し悪しは、担当者との相性が大きく関わってきます。

「担当者が誠実でない」「相性が悪い」と思ったら、担当替えをしてもらうか、他の転職エージェントに乗り換えましょう。

コンサルタントの多くは、転職者にとって良い転職ができるように力を尽くしてくれます。

ただ、なかにはエージェント側の事情を優先して仕事を紹介したり、転職を急かしたりする担当者もいます。

また担当者に悪気がなくても、「経験が浅いためサポートがイマイチ…」といったケースもあるでしょう。

転職は人生を左右するものですから、サポートは信頼できる担当者にお願いするべきです。

そのためにも、やはり転職エージェントは2~3社登録し、比較しながら使うことをおすすめします。

転職エージェントを利用する際の流れ

では、転職エージェントを利用する際の流れについて解説します。

どの転職エージェントもおおまかな流れは同じなので、初めて利用する方は目を通して、イメージをつかんでおきましょう。

転職エージェントを利用する際の流れ

1.転職エージェントに登録

ご希望の転職エージェントの登録フォームから、住所・氏名などの基本情報、経歴、希望条件などの登録をします。

コンサルタントがあなたの現状やスキルを把握できるよう、正確に入力しましょう。

登録内容は、他の転職エージェントに登録する際にも流用できます。複数登録がラクにできるようメモなどに保存しておくと便利ですよ。

2.担当コンサルタントとの面談

登録後は担当コンサルタントから連絡がくるので、面談の予約を取ります。

面談では、登録時に入力した内容をもとに、転職の目的や希望条件の明確化、スキルや強みの棚卸しなどを行います。

「どんな働き方をしたいのか」「何を優先したいのか」など、希望は遠慮なく伝えましょう。

コンサルタントに聞きたいことがある場合は、メモにまとめて面談当日に持参してください。

「面談」は合否を決める場ではないので、リラックスして何でも相談しましょう。

現在は、対面のほかzoomなどによるオンライン面談を行っている転職エージェントも多いです。

3.求人紹介を受ける

これまでの経歴やスキル、適正、希望条件などをもとに求人を紹介してもらいます。

求人に関しては、できる限り詳細な情報を提供してもらい、しっかり吟味しましょう。

また、「応募するorしない」の返答は1週間を目安に行いましょう。

希望に合う求人がなかった場合は、条件の見直しをして再度紹介を受けましょう。

4.転職エージェントを通じて希望求人に応募する

紹介を受けた中に興味のある求人があったら、転職エージェントを通じて応募します。

応募書類の作成を手伝ってくれる転職エージェントも多いので、サポートしてもらいましょう。

複数の転職エージェントを介して同じ企業に応募するのはNGです。エージェントを複数利用する場合は「二重応募」をしないよう注意してください。

5.企業の面接を受ける

書類選考を通過したら企業との面接を行います。

面接の日程調整はコンサルタントが代行してくれるので、面接可能な日時を伝えてください。

また多くの転職エージェントでは、面接サポートを行っています。

担当コンサルタントは、個々の企業が「過去にどんな質問をしたか」「どんなアピールを好むか」なども把握しているのでアドバイスをもらいましょう。

面接でよく聞かれる質問への回答はしっかり準備し、面接に備えましょうね。

6.内定&入社日の調整を行う

内定が出たら、転職エージェントを介して入社日の調整を行います。

給与や勤務条件の交渉も行ってくれるので、希望がある場合は伝えておきましょう。

転職エージェントは、内定後も入社に向けたサポートもしてくれます。退職や入社に関して不安のある方はアドバイスをもらいましょう。

20代向け転職エージェントに関するQ&A

転職サイトよくある質問

転職エージェントを利用する際のよくある質問について紹介します。

疑問点や気になることがある方は、参考にしてください。

転職エージェントの利用に料金はかかりますか?
全てのサービスを無料で利用できるところがほとんど。ただし、一部サービスが有料のサイトもあります

登録はもちろん、求人紹介やセミナーへの出席、応募書類の添削、模擬面接など全てのサービスを無料で受けられるところが大半です。

ただし、ビズリーチのように有料プランがあるサイトもあります。

転職エージェントはなぜ無料で利用できるのですか?
企業側から成功報酬をもらっているからです

転職エージェントは、「人材を探してほしい」という企業に対してニーズに合う人材を紹介し、紹介した人材が企業に採用された際に「成功報酬」として手数料を受け取っています。

企業から報酬を受け取っているため、転職希望者からサービス料を受けとることはありません。

転職するか決まっていない状態でも利用できますか?
転職の意思が固まっていなくても利用できます

転職エージェントでは、転職の意思が固まっていない方の相談も受けています。

転職すべきか今の職場にとどまるべきかも含め、コンサルタントと一緒に考えていきましょう。

また、ビズリーチのような「ヘッドハンティング型」の転職サービスは、基本的にスカウトを待ち、魅力的な企業から声がかかれば応募するというスタイルです。「今すぐ転職したいわけではないが、良い条件の求人があれば転職したい」という方も多く利用しています。

非公開求人って何ですか?
エージェント経由でなければ紹介してもらえない求人のことです

「非公開求人」とは、転職エージェントに登録後、応募可能な人(企業が求める能力をもっている人)にのみ個別で紹介してもらえる求人のことです。

企業が求人を非公開にするのには、下記のような理由があります。

  • 急な異動や退職による欠員募集に対応するため、求人サイトに掲載して応募を待つ時間がない
  • 企業が求めるスキルをもった人材にのみ応募してほしい
  • 競合他社に人事について知られたくない
転職エージェントとの面談はオンラインでもできますか?
最近はオンライン面談を推奨する転職エージェントも増えています。

感染症予防の観点から、最近はZOOMやSkypeを利用したオンライン面談を行う転職エージェントが増えています。

また、電話面談に対応しているところもあります。

詳しくは各転職エージェントにお問い合わせください。

登録しても求人を紹介してもらえないこともあるんでしょうか?
経歴やスキルによっては紹介してもらえないこともあります

企業が求める経歴やスキルなどの条件を満たしていない場合は、「紹介できるお仕事がない」と言われることはあり得ます。

その場合は、希望条件を緩めたり、職種や業種の幅を広げたりすることで、お仕事を紹介してもらいやすくなります。

なぜ複数登録した方がいいのですか?
求人の選択肢が広がり、各エージェントのサービスの比較ができるからです

転職エージェントはそれぞれ独自の非公開求人を保有しています。

そのため、複数の転職エージェントを利用すれば、そのぶん沢山の求人に出会うことができます。

また複数登録することで、それぞれの転職エージェントのサポートや担当者の対応を比較できるのもメリットです。

最初は3~4社登録し、最終的に使い勝手の良い1~2社に絞るのが良いでしょう。

上記以外にもわからないことがある場合は、各エージェント公式サイトのヘルプページをチェックしましょう。また具体的なお問い合わせにも対応してもらえますよ。

まとめ

20代の方が転職するなら、転職エージェントをフル活用しましょう。

初めての転職でも、転職活動を丸ごとサポートしてくれるのでとても心強いですよ。

【転職エージェントがしてくれること】

  • あなたに合った仕事の選別や紹介
  • あなたの強みや適正の発見
  • 応募書類の添削
  • 面接の練習
  • 企業とのスケジュール調整・条件交渉
  • 転職時の悩み相談

どの転職エージェントがいいか迷ったら、20代のアンケートで人気だった下記3社から選ぶのがおすすめです。

20代が選んだ転職エージェント
リクルートエージェント

求人数トップクラス!登録必須の鉄板エージェント。
無料で登録

doda

提案の質が高く転職者満足度No.1。
無料で登録

マイナビエージェント

若手向けの親身なサポートが魅力。
無料で登録

当記事の監修者

株式会社ビズヒッツ伊藤陽介

株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介
株式会社ビズヒッツの代表として、「ビズヒッツの仕事・転職・求人情報サイト」と、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits」の運営責任者。メディア運営の中で得た知見を元に業務効率化やリモートワークマネジメントのコンサルティングなども行っている。プロフィールの詳細はこちら