フードコネクトの特徴を徹底調査

生鮮・飲食業界は「食べる喜び」や「お客様の笑顔」に直結する、やりがいのある業界のひとつです。

しかし職場によっては、「休みにくく残業が多い」「30代・40代になっても、キャリアアップできる未来が見えない」と悩み、転職を検討する方も少なくありません。

上記のような方に評判となっているのが、転職エージェントの『フードコネクト』です。

フードコネクトには以下のような特徴があるからですね。

  • 生鮮・飲食業界希望者向き
  • 20代から50代まで幅広い年代で利用できる
  • 好条件の求人が多い

本記事では、フードコネクトの特徴・メリット・デメリットを徹底調査した結果から、「上手く活用するためのコツ」についても詳しく解説。

記事を最後まで読んでいただければ、「自分がフードコネクトに登録すべきか」が見えてくることでしょう。

フードコネクトの特徴

フードコネクトの特徴

フードコネクトの特徴は以下のとおりです。

  • 生鮮・飲食業界希望者向き
  • 20代から50代まで幅広い年代で利用できる
  • 好条件の求人が多い

詳しく解説していくので参考にしてみてください。

特徴その1|生鮮・飲食業界希望者向き転職エージェント

フードコネクトは生鮮・飲食業界希望者向きの転職エージェントです。

フードコネクトは鮮魚・精肉・総菜の加工技術や調理スキルをもつ人材に特化しているからですね。

店長やSV(スーパーバイザー)・エリアマネージャー候補として「接客」「売上管理」などを任される求人もありますが、基本的には加工や調理の求人が多くなっています。

SV・エリアマネージャーとは…

飲食店や小売店の本部に所属し、担当エリア内の複数店舗を巡回して管理監督やスタッフの指導を行う管理職のこと。

そのため『フードコネクト』は、飲食業界でもとくに「バックヤードでの加工」「調理・キッチン」を希望する方におすすめです。

特徴その2|20代から50代まで幅広い年代層で利用できる

転職エージェントによっては、得意とする年齢層が狭くて「若手向きの求人しかない」といったケースもあります。

しかしフードコネクトは20代から50代と幅広い年代層で利用できます。

フードコネクトが扱っている求人には、人柄やスキル重視のものも多いからです。

実際にフードコネクトを使って転職を成功させた50代の人もいます。

年齢のほか学歴にも制限はないので、生鮮・飲食業界を希望する「中卒」「高卒」の方にも利用をおすすめします。

特徴その3|収入や福利厚生面で好条件の求人が多い

フードコネクトには好条件の求人が多いのも特徴です。

好条件の求人とは、「高収入」「福利厚生や休暇制度が充実している」といった求人を指します。

好条件の求人が多い理由は、フードコネクトでは「スキルの高い加工技術者・調理スタッフの求人」を多く取り扱っているからです。

企業や応募者に求めるレベルが高ければ、収入面などの条件も良くなりますね。

また雇用条件についてのやりとりはキャリアコーディネーターを介すので、「面接で聞いた内容と、入社後の勤務条件が違う」といったトラブルも起こりにくいと期待できます。

実際にフードコネクトを利用した人からは、以下のような口コミが寄せられています。

  • 残業が減った
  • 休みをとりやすい職場に転職でき、子どもの学校行事に参加できるようになった
年間休日が多い求人を豊富に扱っているのも特徴なので、「飲食業界は休日が少ない・休めない」といった不安を抱えている人におすすめです。

フードコネクトを利用するメリット

フードコネクトを利用するメリット

フードコネクトを利用するメリットは以下のとおりです。

  • 転職活動を効率よく進められる
  • 良い条件で転職できる可能性が高い

順番に詳しく解説していくので参考にしてみてください。

メリットその1|転職活動を効率よく進められる

フードコネクトを利用するメリットとしては、まず「就職・転職活動が効率化よく進められること」が挙げられます。

利用することで、以下のようなサービスが受けられるからです。

  • 経験豊富なキャリアコーディネーターによるサポート
  • 希望に合った求人の紹介
  • 面接の日程調整や企業との連絡代行
  • 面接への同行

ひとりで転職活動していると、求人探しから面接対策まで、すべて自分でこなさなくてはいけません。

とくに在職しながらの転職活動ですと時間の余裕も少ないため、転職を途中で諦めてしまう方も。

しかしフードコネクトを利用すれば、生鮮業界・飲食業界に詳しいキャリアコーディネーターがサポートしてくれます。

そのため「優良求人探し」や「応募先に合わせた面接対策」がスムーズになるのです。

実際、フードコネクト利用者は平均して2ヵ月程度(早い人なら2週間程度)で内定を獲得しています。

また「自分だけでは転職できなかったであろう有名企業に転職できた」という体験談もありました。

転職活動を効率的に進めたいなら、フードコネクトをおすすめします。

メリットその2|良い条件で転職できる可能性が高い

フードコネクトを利用すると、良い条件で転職できる可能性が高まると期待できます。

フードコネクトに登録することで、以下のようなメリットがあるからです。

  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • キャリアコーディネーター経由で条件交渉ができる
非公開求人とは…

一般の転職サイトには掲載されていない求人。「急募」「管理職」「条件が良く、公表すると応募者が増えすぎる」といった求人は、非公開求人になりやすい傾向がある。

「転職サイトではよい求人が見つからない」という場合でも、非公開求人の中には希望を満たすものがあるかもしれません。

また「やりたい仕事だが、自分が発揮できる能力に対して少し給料が少なく感じる」といった場合は、フードコネクトを通じて収入アップの交渉もできます。

実際にフードコネクト利用者からは「コーディネーターが熱心に企業と交渉してくれたおかげで、良い条件で入社できた」「キャリアアップできた」といった体験談も寄せられています。

他の「飲食業界向け転職サイト」や「転職エージェント」、または「ハローワーク」で希望の求人に出会えなかった人は、ぜひ『フードコネクト』への登録を検討してみましょう。

フードコネクトを利用するデメリット

コネクトを利用するデメリット

フードコネクトのデメリットは次の通りです。

  • 公開求人数が少なめ
  • 飲食業界以外への転職希望者には向いていない

デメリットその1|フードコネクトの公開求人数は少なめ

フードコネクトの公開求人数は少なめです。

フードコネクトでは扱っている業界や職種が限られているうえ、優良な求人のみを厳選して紹介しているからですね。

人気の高い求人ほど応募の殺到を抑えるため、非公開求人になることが多いのも理由のひとつといえるでしょう。

公開されている求人数は、例えば東京都内で60~70件程度、大阪府内で20~30件程度となっています。

都市部以外ではとくに求人数が少なくなるため、地方で求人を探したい人は注意が必要です。

非公開求人を確認したい方は、『フードコネクト』へ登録することでチェックしていきましょう。

デメリットその2|飲食業界以外への転職希望者には向いていません

フードコネクトは生鮮・飲食業界に特化している転職エージェントなことから、それ以外の職種や業界への転職希望者へは向いていません。

理由はシンプルで、他業種への求人そのものが無いからです。

現在は飲食業界に身をおいているけれど、他の業種で働くことも視野に含めている場合、フードコネクト以外の転職エージェントへの登録も検討していきましょう。

フードコネクトを上手く活用するコツ

フードコネクトを上手く活用するコツ

フードコネクトを上手に活用するコツは、以下の通りです。

  • 希望は正直に伝える
  • 自分でも企業について調べる
  • 積極的に情報をもらう
  • 他の転職エージェントと併用する

詳しく解説していくので参考にしてみてください。

活用のコツその1|コーディネーターへスキルや希望は正直に伝える

フードコネクトのキャリアコーディネーターには、自分のスキルや希望について正直に伝えましょう。

保有スキルを大げさに伝えたり希望年収を少なめに伝えたりすると、マッチング精度が落ちてしまうからです。

例えば保有スキルを盛って伝えてしまうと、年収が高い求人を紹介してもらえる可能性は高まりますが、求められるスキルも高くなります。

面接を突破して入社できたとしても、求められるスキルが身についていないため、入社後に苦労する可能性があります。

またコーディネーターとしても「嘘や大げさな情報を伝えてくる応募者」のことはなかなか信用できないでしょう。

ミスマッチを防ぐために、スキルや希望は正直に伝えてください。

なお紹介された求人が希望にあわないときに理由を正直に伝えるのも、マッチング精度をあげるための材料になります。

活用のコツその2|コーディネーターへ任せきりにせず自分でも企業について調べる

フードコネクトを利用するにしても職探しや企業研究をコーディネーターに任せきりにせず、自分でも企業については調べましょう。

内定を得たとき、最終的に入社するかどうかを判断するのは自分だからです。

フードコネクトでは入社後のフォローもしてくれますが、「思っていた雰囲気とだいぶ違った」という場合には、早期離職につながってしまう可能性もあります。

企業の情報を調べる際には、まず企業の公式サイトなどが情報源になります。

店舗を見に行けるなら、見学してみるのもいいですね。

お客さんから見た店舗としての評判はもちろん、働く人・働いていた人が企業を評価する「企業口コミサイト」もチェックしておきましょう。

活用のコツその3|コーディネーターから積極的に情報をもらう

フードコネクトを利用するメリットは、業界に詳しい経験豊富なコーディネーターからアドバイスや情報をもらえることです。

フードコネクトに登録したらコーディネーターと積極的にコミュニケーションをとり、情報をもらうようにしましょう。

コーディネーターから「過去の面接で出た質問」「過去に内定を得た人の特徴」「企業の雰囲気」「面接官の人柄」などを聞いておくことで、選考通過率が高まるからです。

「任せきり」はいけませんが、自分でも調べたうえでわからないことを聞くなどすれば、転職活動や企業についての理解が深まります。

積極的に質問したり情報提供を受けたりすることで、転職への熱意が伝わり、手厚くサポートしてもらえる可能性も高まります。

コーディネーターも人間ですので、すべての利用者に平等に接しようと思っても、やはり熱意のある応募者に対して親身になりやすいです。

フードコネクトからのサポートを最大限に引き出すため、コーディネーターと密にコミュニケーションをとりましょう。

活用のコツその4|他の転職エージェントと併用する

フードコネクトは、他の転職エージェントと併用しましょう。

フードコネクトは生鮮・飲食業界特化型で扱っている求人数が少ないからです。

他の転職エージェントと併用することで、仕事探しの幅が広がります。

また他の転職エージェントと併用することで、相性の良いキャリアコーディネーターを見つけることも可能。

フードコネクトのキャリアコーディネーターは生鮮・飲食業界に詳しく経験・知識豊富だと定評があるものの、自分とは相性が悪いコーディネーターにあたってしまう可能性もあります。

どうしても人それぞれで相性の合う合わないが出てくるため、仕方がありません。

「なんとなく話しにくい」「どうしても性格が合わない」といったコーディネーターが担当になると、転職活動へのモチベーションが下がってしまうことも。

いくつかのエージェントに登録して、いろんなコーディネーターに会い、話しやすく提案のマッチング精度が高いコーディネーターを探すことをおすすめします。

フードコネクトを利用する際の4STEP

フードコネクトを利用する流

フードコネクトを利用する際には以下4つのSTEPとなります。

  1. 登録して面談を受ける
  2. 求人紹介を受ける
  3. 採用面接を受ける
  4. 内定後のフォローを受ける

順番に解説していくので、フードコネクトを利用する際には参考にしてみてください。

STEP1.登録して面談を受ける

まずはフードコネクトに登録して面談を受けます。

希望や保有スキルに合う求人を紹介してもらうためには、面談してコーディネーターに希望条件・スキルを伝える必要があるからですね。

フードコネクト公式サイトの「無料登録する」ボタンから、「氏名」「年代」「電話番号」などの簡単な情報を送信するだけで登録できます。

登録したらフードコネクトから電話がかかってきますので、希望条件や現在の就業・転職活動の状況などを伝えてください。

電話がかかってくる前に「転職理由や転職先に求める条件の整理」「職務経歴やスキルの棚卸し」をしておくとスムーズです。

「転職活動について疑問・不安に思っていること」を書き出しておくのもおすすめです。

STEP2.求人紹介を受ける

希望条件を伝えたら、条件に合う求人を紹介してもらいます。

フードコネクトに限らず転職エージェントでは、エージェント経由で紹介された求人に応募することになります。

公式サイトに公開されている求人でも、エージェントから紹介を受けないと応募できません。

また狙っている求人があっても、キャリアコーディネーターが「求められるスキルや経験を満たしていない」と判断した場合には、紹介してもらえないこともあります。

求人を紹介してもらったら応募するかどうか検討して、応募する場合もしない場合も結果をキャリアコーディネーターに返答しましょう。

応募しないからといって返答しないのはNGです。

STEP3.採用面接を受ける

紹介してもらった求人への応募を決めたら、採用面接を受けます。

転職エージェントから応募する場合であっても、面接不要となることはありません。

「面接の日程調整」「応募書類の準備」「面接の準備(模擬面接など)」については、キャリアコーディネーターがサポートしてくれます。

また面接が不安な場合は、キャリアコーディネーターが面接に同行してくれます。

面接後の結果連絡やフィードバックなども、フードコネクト経由です。

応募書類の添削や模擬面接を受けることで通過率があがると期待できますので、しっかりフードコネクトのサポートを利用しましょう。

STEP4.内定後のフォローを受ける

無事に内定を獲得して入社を決めたら、内定後のフォローを受けましょう。

フードコネクトでは「内定をとったら終わり」ではなく、内定後も「雇用条件の確認」「条件交渉」「入社後の面談」などのフォローをしてくれるからです。

複数の内定を得た場合には「これまでのキャリアや将来のキャリアプランから、どの企業を選ぶのがおすすめか」などもアドバイスしてくれます。

フードコネクトに無料登録する

フードコネクトを利用する際によくある質問をQ&A形式で解説

フードコネクトを利用する際によくある質問

フードコネクトの利用時によくある質問をQ&A形式で紹介しているので、気になる部分はチェックしてみてください。

無料で利用できますか?
フードコネクトは無料で利用可能です。

転職エージェントは利用者ではなく、採用側の企業から成功報酬を得るビジネスモデルとなっているからです。

フードコネクト利用者が入社すると企業からフードコネクトに報酬が支払われるので、利用者に費用負担は発生しません。

ただフードコネクトのキャリアコーディネーターと連絡する際の電話代や通信料、面接にいくときの交通費などは自己負担となります。

フードコネクト自体は無料で使えますので、安心してください。

生鮮・飲食業界未経験でも利用可能ですか?
結論から言いますと、生鮮・飲食業界未経験でもフードコネクトを利用可能です。

フードコネクトでは「加工や調理の技術を学びたい」という意欲がある未経験者のサポートも実施しているからです。

もちろんブランクがあっても利用できます。

生鮮・飲食業界経験者で、「新しいジャンルや技術に挑戦したい」という人も、きっちりサポートしてもらえますので安心してください。

フードコネクトの調査結果からみえてきた利用がおすすめな方

フードコネクトは、「生鮮・飲食業界で好条件(高収入、福利厚生充実)の求人を探している人」におすすめの転職エージェントです。

フードコネクトでは優良求人を多く扱っており、入社時の条件交渉もしてくれるので、やりがいと待遇を両立できるお仕事が見つかりやすいからですね。

また経験豊富なキャリアコーディネーターがサポートしてくれるので、転職未経験者も安心して利用できます。

「フード系のお仕事に興味があるけど、待遇面が不安」「転職が初めてで、右も左もわからない」という方は、ぜひフードコネクトの利用を検討してみてください。

また、調理師を希望している方は、「調理師のためのおすすめ転職サイトと転職エージェント」の特集記事もあるので参考にしてみてください。

■フードコネクト公式サイト
https://foodconnect.jp/

当記事の監修者

株式会社ビズヒッツ伊藤陽介

株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介
株式会社ビズヒッツの代表、求人サイトの「Biz Hits Work」、ビジネスの問題解決を考えるメディア「Biz Hits」の運営責任者。メディア運営の中で得た知見を元に業務効率化やリモートワークマネジメントのコンサルティングなども行っている。プロフィールの詳細はこちら